アゼリーグループ社会福祉法人江寿会

文字サイス

0356070482 お問い合わせフォーム

理事長挨拶

理事長 医学博士 来栖宏二

「生きる」という価値観を汲み上げたサービスを提供するために

このたびは、社会福祉法人江寿会のホームページにアクセス頂き、誠にありがとうございます。
社会福祉法人江寿会理事長の来栖宏二と申します。

当法人は、平成10年3月に設立され、平成11年4月に東京都江戸川区で特別養護老人ホーム「アゼリー江戸川」を開設致しました。その後、平成19年3月には、同じく江戸川区内にケアハウス「アゼリーアネックス」を開設し、地域福祉の拡充と地域に開かれた施設づくりに向けて、事業運営を行っております。

社会福祉法人江寿会の設立は、ある思いからスタートしております。私は、病院で勤務医をしていた頃から、病院内で機械的・儀式的に人々が行き交う様を見て、「もう少し深く患者に関われることができないだろうか?」と感じておりました。そんな折、リハビリの指導に老人ホームへ伺った際に、病院とは違った教科書的ではない家庭的なサービスが提供されていることに強い衝撃を受けました。そこでは、利用者様個々が生きてきた時代背景やその人が持っている「生きる」ということに対しての価値観を汲み上げてサービスを提供しておりました。

例えば、糖尿病で甘いものを禁止されている患者でも、甘い物を食べたいと思うのが人間ですし、そのような「食べたい」という思いを大事にしている姿は病院では見ることができないものでした。
もちろん、医療的にみたら間違っていても、家庭の中では同じようなことは沢山あり、そんな家庭的でありのままの人間社会が凝縮されている老人ホームに強い関心を持つようになりました。
病院の医療は機能的ではありますが、その中では実現できないことも沢山あります。人間くさい環境の中で地域のご老人が余生を送れる老人ホームを作りたいという思いを持っておりました時に、江戸川区内で特別養護老人ホームを建設する構想が持ち上がりました。実現に向けて地域住民の方々へ何度も説明に伺いましたが、当時の時代的な背景もあり、当初は反対された方々もいらっしゃいました。しかし、最後は皆様に快くご承諾を頂けたおかげで開設することができ、今では年間延べ7,000名もの地域ボランティアの皆様方が当法人に関わって頂くようになりました。
おかげさまで、地域の皆様方や関係者各位のご理解とご協力のもと、事業活動を継続することができ、また、職員の不断の努力の結果、当初思い描いていた「人間くさい」「まちの匂いのする」「生きる楽しみに満ちた」介護サービスが提供できるようになって参りました。

当法人は設立当初から、「利用者第一主義」「地域社会への貢献」「仕事を通しての自己実現」を経営理念として掲げております。 当法人の施設に入居し、ご利用頂いた方に対しては、安心した生活と楽しく満足度の高い場の提供を心がけております。また、施設開設にあたりご協力頂き、励ましの声を頂いております地域の皆様方に少しでも貢献できるよう、風通しの良い施設づくりに向けて努力して参ります。

これらを実現するため、質の高いサービス提供ができるよう、資格助成制度などに積極的に取り組み、当法人職員の仕事を通じた自己実現に向けてサポートして参ります。 今後とも、職員一同一丸となって、地域福祉の向上と利用者様本位の介護が実現できるよう努めてまいります。 みなさま方の御指導、御援助を心よりお願い申し上げます。

トップページへ戻る